1. >
  2. >
  3. 夫がもしEDになったらすべきこと

夫がもしEDになったらすべきこと

最近働き盛りの男性にEDが増えていると聞きます。そんなことを聞くと私の旦那もいつも忙しそうにしているし、最近の様子から心配になりました。そこで、EDについて色々調べてみました。もし夫がEDになってしまった時、私たち女性ができること、すべきことがありました。
全国の奥様必見の内容となっています。是非参考にしてください。

どんな男性にもある程度関係あるED

男性ならだれもがEDになってしまう可能性があります。EDは単に「勃起しない病気」だけではありません。

  • 「勃起が持続しない」
  • 「挿入できるが硬さが十分ではない」

という症状も含むペニスのトラブルです。

男性の中で「私には全く関係ない」といえる人は少数派でしょう。ほとんどの男性になんらか思い当たる節があるのではないでしょうか。というのは、EDとは無縁と思われがちな20~30代の若年層でも、7人に1人は中等度以上の深刻なEDの悩みを抱えているという調査結果があるからです。


参照:日本のED(勃起不全)有病者数調査2019【浜松町第一クリニック】

EDのきっかけをつかむ

EDの症状を自覚している男性は多くありません。自分でEDであると認めることに男性は後ろめたさを感じてしまうからです。よってEDかどうかのきっかけをつかむには女性にカギがあります。つまりパートナーとの間で、思うような性行為ができなかったり、セックスレスの傾向になったりするサインを見逃さないようにしてください。

男性側と女性側の感じ方の違い

EDの発現は性行為の中断という形でよく現れます。例えば、勃起が持続しないなどの症状が「性行為の時に勃起しなくて挿入ができない」ことだと思っていないと、旦那さんにEDの兆候が出てきたことに気づきません。また、ペニスが途中で萎えて性行為を維持できなくなるいわゆる中折れもEDの兆候です。

こういうことが何回かあると男性側は「仕事で疲れているせいかな」と考えがち。一方、女性側は「夫は中折れするのも真摯に夫婦として向き合ってい」「自分のことを嫌いになった」→「誰か他の女性と浮気をしている」という疑心暗鬼になってしまいがち。一度そうなってしまうと、再チャレンジするのが面倒になってき、セックスレスに陥ってしまします。

EDになったらED治療薬を飲んでもらう

EDの原因は、さまざまですが、治すにはED治療薬を摂取することです。ただ、難しいのはそれを夫に飲んでもらうことです。「一緒に病院にきましょう」というほど深刻な問題と認識していない場合、夫が承知するとも思えません。男性は敏感ですから、妻がバイアグラのことなどを口にすると、かえって自分が責められているような気がして、開き直った態度をとるようになる人もいます。

しかし、あれこれ考えても仕方がありません。現実的な突破口は対話をすることです。EDは男性なら誰しも関係があること、EDは恥ずかしいことじゃないこと。EDを治療することはのことを話題にすることです。直接妻から「ED治療薬を飲んでほしいの」と言いましょう。夫には中折れはEDであること、それにはED治療薬が効くこと、ED治療薬は安全な薬であることを伝えましょう。

ED治療薬は通販はやめよう

近年インターネットの発達により、個人輸入代行業者のホームページからED治療薬を通販で購入できます。手軽に、安くバイアグラなどのED治療薬が手に入ることから利用する人もしばしば。しかし、こういった商品の半分以上が偽造品だと判明しています。偽物はEDを悪化させるどころか、ほかの病気を招聘する可能性もあります。また、専門家でさえ成分を検査しなければ見分けがつかないほどなので、我々一般人では到底判別はできません。必ず専門クリニックで正規品のED治療薬を処方してもらいましょう。

とはいっても、男性はなかなか病院に行きたがらないものです。そうした場合オンラインで処方し薬も郵送で送ってくれるサービスを行っているクリニックを進めてみてはいかがでしょうか。オンライン処方なら電話のみで診察、処方が可能なので、もろもろの障壁を簡単に乗り越えられますね。しかし、厚生労働省の許可を得てオンライン処方を行っているかどうかは直接クリニックにたずねてみてください。

 

 

例)ED治療オンライイン処方・通販|浜松町第一クリニック